MENU

格安SIMのメリット・デメリットは?

SIMカードとは、インターネット・通話をするためのICカードのことであり、スマートフォンや携帯電話、モバイルWifiルーターなどに使われているICカードです。
モバイル回線を使って通話を行う際には不可欠なもので、ドコモやau、ソフトバンクのスマートフォンにも使われています。
格安SIMは、OCNなどのプロバイダ事業で有名な企業が、ドコモやauなどの大手キャリアのネット・通話回線を借りてSIMカードを使ったサービスを提供するときに使われるもので、大手キャリアよりも安くインターネットや通話を利用できることから「格安SIM」と呼ばれています。
大手キャリアの3分の1以下の利用料でネットや通話を利用できるので、年々利用者が増えているのが格安SIMの現状です。

 

「格安SIM」には、ネット・通話ができる「音声通話SIM」と、ネットのみが使える「データ専用SIM」の2種類があります。
音声通話SIMでは、090や080の番号の音声通話も利用でき、大手キャリアで使っていた電話番号も引き継いで利用することもできます。
音声通話SIMは、インターネットと音声通話を主に使うスマートフォンとの相性が良く、スマートフォンの格安SIMには音声通話SIMがよく使われます。
データ専用SIMは、インターネットのみを使えるSIMなので、ネットを主に使う媒体、例えばタブレットやモバイルWifiルーターにはデータ専用SIMが使われます。

 

格安SIMは「毎月の通信費用が大幅に安くなる」、「大手キャリアからの電話番号をそのまま引き継げる」、「ドコモやauの回線を借りてサービスが提供されているので、つながりやすさは大手携帯キャリアと同じ」などのメリットがあります。
ただ、「通話かけ放題プランがないため、音声通話を使う際には通話量が大幅に高くなる」、「ドコモやauなどの携帯キャリアのように実店舗がないっため、サポートはメールや電話が中心になる」、「携帯会社の端末保証サービスが使えない」などのデメリットもあります。
格安SIMを利用する際には、このようなデメリットも考慮したうえで利用するのが良いでしょう。